ブランド品が壊れた時はどうするべき?

ブランド品は上質な素材、熟練の職人が作ることで完成する高品質な商品ですから、安物と比べても長く使用することが出来ます。

もちろん安物と言ってもその素材が良い物で、しっかりとした腕前を持つ職人が作ったのであれば長く使えるのですが、少なくともスーパーの一角で売られているようなものと比べればはるかに長く使うことが出来るでしょう。しかしいくら長く使えるブランド品と言っても、使っていけば壊れることは当然あり得ます。


バッグの留め具が外れてしまった、財布の表面が破れてしまった、時計の針が止まってしまったというようなトラブルは少なくありません。



ではそのようにブランド品が壊れてしまった時にはどうすれば良いのかというと、まず最初に考えるべきはメーカー保証です。



ブランド品は高価な商品ですから、多くのブランドが製品に対して保証を付けています。実際の保証期間はブランドによって異なりますが、少なくとも購入から一年以内であれば高確率で保証期間内です。

MERYの正しい情報を手に入れましょう。

特に留め具が外れてしまったなどの破損であればブランドの製造過程に問題があった可能性もありますから、無料で修理をしてもらえる可能性も高いでしょう。


次に残念ながら保証期間外だったという場合ですが、これは修理業者に出してみることが検討出来ます。
現在では革製品から時計などの機械製品まで、日本全国に修理業者が存在するようになっています。

しっかりしたところであれば革の染め直しや時計の歯車の交換などの高度な修理にも対応していますから、ブランド品を持っているのであれば一度、自分の町でそうした修理を行っている業者を探しておくようにしましょう。

壊れてしまったからと言って捨てるのは非常に勿体ないことですから、長く使っていきたいのであればこうしたことを考えておくようにしてください。